本文へスキップ

レジリエンストレーニング研修は

TEL. 092-585-7111

〒816-0941 福岡県大野城市東大利2-5-1-203

レジリエンス研修:モチベーション回復力を育てる

PRM研修

レジリエンス 研修〜 逆境でのモチベーションの回復力・逆境克服力を育てる NEWS&FAQ

PRM (Program of Resilience Mindset&skill)研修は、レジリエンスに関するマインドセットとスキルを高めるプログラムを学んで頂く研修です。
ここでいうレジリエンスとは「逆境でのモチベーション回復力=逆境でも折れない力」のこと。
心理学用語としては「精神的回復力」「復元力」「心の弾力性」と訳されます。
本研修では、分かり易くするために「逆境克服力」と皆さんに伝えています。
逆境で折れかかると、誰しも「もうダメかも…」とモチベーションが大きく下がってきます。逆境克服には、諦めず、もう一度自らを奮い立たせモチベーションを回復させる必要があります。

弊社がPRMを開発した背景

どんな仕事でも、大なり小なり失敗、悪い業績、他者からの厳しい批判、能力の限界等々、艱難辛苦は付き物。
  • 面倒くさい仕事
  • 体調不調時でも仕事しないといけない状況
  • 目の回るような忙しさ
  • 失敗・取り返しのつかない重大なミスを犯した
  • 頑張ったが目標未達。大失敗。酷い成果だった。
  • 仲間等の大切な人の前で恥をかかされた。
  • 上司やモンスターカスタマー等から屈辱的な言葉受けた。
  • 会社は自分より無能な奴を評価して、出世競争で先を越された。
等々、大なり小なり艱難辛苦で四苦八苦することは避けることができません。


順風満帆な時は、明るく良い気分でモチベーション高く仕事ができていたのに・・・
これらの逆境になると、暗く憂鬱な気分に陥り、モチベーションも低下してしまう。
そのままモチベーションを回復することができず、生産性も一気に低下して、
自信まで喪失してしまい、最悪は離職にまで発展・・・。
困難な仕事に馴れていない新入社員、若手社員にはこの傾向の人は多いようです。


一方管理職以上でも、今のビジネス環境では昔以上に四苦八苦する大きな難題が多い。
その為、経験で培ってきたレジリエンスだけでは対応できず、悩んでいる管理職・経営陣が増えています。

仕事上の責任、上司と部下の板挟み等の四苦八苦により、鬱々と悩んだりして、モチベーションも低下する。
そこからモチベーションを回復できないまま仕事をして、問題も深刻化していまう。
その結果、燃え尽き症候群になることで、離職したり、最悪自殺する人もいます。



私も、自身のレジリエンスより大きな逆境に直面し、四苦八苦し2度自殺しようとしました。

二度目の自殺を試みたことがキッカケで、「このままでは生きていくことさえ難しくなる」と自分自身を救うため、
  • 逆境にどのように対応すればよいか?
  • 目の前の苦しい出来事をどう考えれば少ないダメージで抑えることができるか?逆にパワーにできるか?

をメンタルヘルス、脳科学、哲学、レジリエンスの高い人の実体験の取材等々により徹底的に学び、「逆境で心が折れそうで何もかも諦めかけた時、どうモチベーションを回復していけばよいのか?」を自分自身で試行錯誤する中で開発したプログラムがPRMです。


私自身このプログラムのお陰で、仕事での四苦八苦、逆境で躓いても、以前のように鬱々と思い悩むことがなくなり、速くモチベーションを回復させ、気分新たにチャレンジができるようになしました。

私の成果を基に、経営コンサルティング業務を行っていく中で、クライアント様にいる同じように苦しんでいる人達にも伝えていきました。彼らも私と同じように、劇的に効果があったと喜んでくれました。
更に組織全体にも伝えていくと、逆境に直面しても明るく働く社風に変わり(組織のレジリエンスが強くなり)、結果、生産性が向上した、離職率が改善した等の声も頂くようになりました。


この度このPRMというプログラムの実践法を、より多くの人に伝えることで
  • @ 受講生一人一人には、四苦八苦なビジネスライフをハッピーに!
  • A組織には、モチベーション向上、生産性向上、離職率低減を実現!

この2つのビジョンを実現していきたいという思いで、この度PRM研修を開発いたしました。


PRM (Program of Resilience Mindset&skill)とは、どんなノウハウ

仕事に艱難辛苦は付き物。
ビジネスの世界は、逆境のハードルが続く障害物競走のようなものです。

多くのビジネスマンはこれら逆境で四苦八苦しているうちに、目標到達・やりたい事を諦めてしまい、ビジネスライフが辛いだけのものになってしまいます。

世の中には、逆境克服する為の優れた方法・スキル等は沢山あります。
それらが実際にはあまり役立たないのは、その多くが
  • 複雑なもの
  • やるのが面倒くさかったり
  • 効果がでるまで時間がかかるものばかりだから。

それでは「突然の逆境時」「頭がパニック状態になっている時」には、普通のビジネスマンが使うには使うのが難しいのではないでしょうか?(私には、いざという時に実践するのは難しすぎました)

アメリカの心理学者、行動経済学者ダニエル・カーネマンは、2つの脳の思考モードを提唱しています。
・「速い(ファスト)な思考」⇒直感的に考える (無意識の思考)
・「遅い(スロー)思考」⇒論理的にじっくりと考える (有意識の思考)
逆境時こそ、本来はスロー思考でじっくりと物事を考え、処理することが必要ですが、そんな時ほど私達はファスト思考(直感)でばかり対応してしまう傾向があります。
そして、順風満帆な時だったら絶対しないような誤った判断を行ったり、自身の感情に混乱を招き出します。

そこで弊社は考えました。
「逆境に直面すると、人はファスト思考でしか行動しない」という前提にたったノウハウを作ろう!


突然逆境に襲われた時でも、頭がそれで混乱している時でも、直感的にやれるよう PRM( Program of Resilience Mindset&skill)を開発。
PRMは、
  • 簡単 (たった8つのシークエンス)
  • 実践的 (躓いた瞬間、すぐにやれる)
  • 即効性 (躓きのダメージを最小限に抑え、すぐに回復できる)
をコンセプトに

逆境(仕事での四苦八苦)で躓いても、心理的ダメージを最小に抑え、
すぐ立ち上がることができる!
そんな逆境での上手な転び方(受け身) 
だけに焦点を当てた、シンプルな 心構え・思考・行動のプログラムです。

レジリエンス 逆境 挫折 トレーニング



PRM (Program of Resilience Mindset&skill)Ver1.0
逆境で躓いた時の転び方 6+2シークエンス

逆境で躓いた、暗い気分になったと感じたら、コンピュータのプログラムのように1から順に実行していきます。
(気分転換が出来た時点で、シークエンスは止めてOK。)
逆境で暗く憂鬱になった気分から、明るく前向きに再度行動していこう!と素早く気分転換ができます。
  1. 決意
  2. イメージ

  3. 瞑想
  4. 受入

  5. フレーミング
  6. 10

  7. リフレッシュ

  8. コンタクト
(シークエンスの詳細は、研修にて)


どんな逆境にも対応できるよう、逆境での考え方、モノの見方を体系的に修得して頂く。

物事、捉え方次第。(フレーミング次第)
天国にいるような気分にもなるし、地獄にいる気分にもなる。

このような言葉を教わった人は多いと思います。

ただ、具体的にどう捉え方を見直せばいいのか?(リフレーミング)を教えてもらったことがある人はあまりいないのではないでしょうか?。

プロのピッチャーは、どれだけ使える変化球の引き出しを持っているか?が成績を左右するそうです。
同じように、逆境に対するフレーミング視点を引き出しにどれだけ沢山持っているか?で、様々な逆境に対応できるか?は変わってきます。。
例えば、
  • 今の逆境を成長のチャンス!という視点でリフレーミングすることで気分転換できることもあるでしょうし
  • その視点ではうまく気分転換できなかったが、
    自分で支配できことのみに集中し、自分でどうにもらない事は諦めるという視点でリフレーミングすることで気分転換できることもあるでしょう。
大切なことは、フレーミングの視点の引き出しを沢山持っていること!

ただフレーミングの視点はたくさん世の中にはあるのですが、今まで整理されたものがありませんでした。そのため、心理学や哲学、偉人やスポーツ選手の自伝等々、様々な本をを読まなければレジリエンスは高まりませんでした。。

そこで、PRMでは逆境を捉え直す視点(リフレーミングの視点)を12の整理したものを学んでいただきます。
  1. 感謝・歓喜
  2. ハッピー
  3. ポジ
  4. チャンス
  5. 学習
  6. 流動
  7. 支配
  8. 楽しさ
  9. 肯定
  10. 笑い
  11. 闘争
  12. 立場
(詳細は研修にて)
これらリフレーミングの視点を具体的に、詳細に学んで頂く事で、最悪の気分になっても捉え方を変える事で、「よし、やるぞ!」と気分転換できるようレジリエンスを高めていただきます。。







レジリエンス 逆境で負けない心をトレーニング

PRM研修とは? ( WHAT…PRM研修って何)


逆境時に使えるスキルにするには、トレーニングが欠かせません。

逆境で躓いて心的ダメージを受けても、すぐにモチベーションを回復させる「上手な転び方のコツ」=PRM ( Program of Resilience Mindset&skill)は、上記で紹介しているように、たった8つのシークエンスしかないシンプルなものです。

シンプルが故に読むだけ(知るだけ)で、「分かったつもり」「できるつもり」「いざという時(頭がパニック時)でも無意識にやれるつもり」と、錯覚する人が多いのも現実です。

たった8つのシークエンスでも、知るだだけでは、もちろん「いざという逆境時に、無意識にやれる」レベルまで転び方は身につきません。
そこでPRM研修では、下記5つのプロセスで学んで頂く事で、突然の逆境時でも、無意識に上手な転び方で受け身をとれるようになって頂きます
  1. 重要性理解…なぜレジリエンスを高める必要がるのか?逆境での上手な転び方をなぜマスターすべきなのか?各シークエンスがなぜなぜ不可欠か?を理解し

  2. ノウハウ(知識)取得…各シークエンスを具体的にやる際の詳細ポイントを知り

  3. 深化・発展…ディスカッション等を通し、各シークエンスの行間を自分なりに考える。 自分オリジナルの思考・行動のキッカケを呼び起こすトリガーツールを作り

  4. 応用・実践…自身がよく直面する逆境で、どうシークエンスを使うかを考える。 そして実際にシークエンスを使ってみて

  5. 再考…うまくいかなかった事を材料に、どうシークエンスを使えばよいかを再考する事で、レベルアップを実現していく

それにより逆境(仕事での四苦八苦)で躓き、大きな心的ダメージを受けても、 気分転換し、すぐに回復できるよう、レジリエンス(逆境克服力)をレベルアップしていきます。


逆境でも折れないレジリエンスにUP! PRM研修ダイジェスト版の紹介動画(1分24秒) 




PRM研修 ダイジェスト版(全8回)の全てを見たい方はコチラから


レジリエンス トレーニング PRM研修の1日研修版プログラム 例

目的と内容 時間
9:00 オリエンテーション 目的:本日の研修の目的・一日のプログラムを紹介することで、一日で何を学ぶか理解頂く。 10
9:10 フェーズ1
逆境で心が折れるメカニズム
目的:逆境で心が折れていく心のメカニズムと、レジリエンスを高めるには何が必要か?を理解頂く。
主な内容
@仕事には逆境(四苦八苦)が付き物。どう対応する?
A逆境で心が折れていくメカニズムを理解する。
(事実⇒着目・解釈⇒感情(情動)⇒気分⇒着目・解釈⇒希望喪失)
Bレジリエンスを高めたければ、気分のマネジメントを覚えよう!
50
10:00 フェーズ2
逆境での上手な転び方 基礎編
目的:PRMの中で、ネガティブな出来事や逆境に出くわした際、仕事中にも行える気分転換する為の基礎となる方法を講義・演習を通して学ぶ。また気分転換行動開始のトリガー(引き金)となるツール作りを行って頂く。
主な内容
@PRM=逆境に陥った時の転び方 6 + 2 ステップとは?
Aミラーリングテクニックを使い明るく良い気分を思い出す!明るく良い気分シートの作り方&使い方
Bワーク:タクティカルブリージングで、平常心に戻る
Cネガティブ感情、ネガティブ思考は敵ではない。大切な仲間として受け入れよう。
150
12:30 昼食
13:30 フェーズ3
リフレーミングして
異なるストーリーを語ろう
目的:ホントはポジティブな事実が沢山あっても、逆境で追い詰められているとそれが見えなくなってしまう。ここではポジティブに転換する為の視点・考え方の引き出しを増やす事で、逆境から抜け出すレジリエンスを身につけて頂く。
主な内容
@逆境という事実もフレーミング次第。どこにフレーミングをし、どんなストーリーを語っているか?で気分は違う。
Aリフレーミングを行い、明るく良い気分になるストーリーを語ろう。
B絶望状況でも希望を生み出す、明るく良い気分になる為のリフレーミング12の視点とは?
Cワーク :12の視点で、逆境を捉え直してみよう
150
16:00 フェーズ4
その他の6+2ステッを学ぶ
目的: 仕事中に上記の行動で気分転換ができない時どうすればよいか?OFFタイムを使った気分転換法・レジリエンス強化法を学んで頂く。
主な内容
@それでも気分転換できないような逆境に備えて、何を準備しておくべきか?
Aワーク:行動による気分転換するために、起動ファイルを作っておこう。
Bワーク:気分転換行動を行う為に、「気分転換行動リスト」を準備する
Cワーク:気分は伝染する。明るく良い気分でいる人達と接するために人物リスト・集いリストを整理する。
25
16:25 フェーズ5
無意識反応できる力に
レジリエンスを昇華する
目的:学んだだけでは意味がない。カチッ・サー反応(自動反応)ができるようになる為に、研修後の習慣化について学んで頂く。
@ 研修後に目指して貰いたい姿(どのような習慣をつけて欲しいか?)
演習:朝の決意文の作成
A思いだす重要性と仕組み作り :QUIZLETの活用
B実行・反省・シェアの仕組みを作ろう
C宿題の確認
25
16:50 研修のまとめ 10
17:00 研修終了


研修 要項


時間及び研修形式

複数の時間パターンの研修ををご用意しています。
お客様のご要望にあわせた形で、研修カリキュラムを作成させて頂きます。(新入社員用の研修もございます。)
また研修で手法を学んで頂くだけでなく、研修したスキルの定着化を図る為のフォロー研修もございます。

研修形式は、講義だけでなく、セルフワーク、ペアワーク、グループワーク、グループディスカッション等を使いながら、自ら考え、議論しながら学んで頂く研修スタイルです。



カリキュラムと研修までのフロー

いきなり導入を決定しないで下さい。
カリキュラムは、御社の課題、研修可能時間等をメールもしくはお電話でヒアリングさせて頂きながら設計させて頂きます。
研修までのスケジュールは以下のフローで進めて参ります。


レジリエンス トレーニングまでのフロー図">
まずは、お気軽に御相談メールを頂ければ、ご対応させて頂きます。御相談は無料です。
お気軽に御相談ください。

レジリエンス研修に興味を持たれた方へ。まずはお気軽にご相談ください。


まずはお気軽にご相談ください。もちろん、相談料は無料。

ご相談頂いた内容をもとに、研修カリキュラムを作成しご提案させて頂きます。


問合せに関する方針


今のあなたのレジリエンスを診断

小さな逆境であれば、低いレジリエンスしか持たない人でも大丈夫。乗り越えることができます。
しかし大きな逆境を乗り切るには、強靭なレジリエンスが必要になるのですが、対応するだけのレジリエンスがなく、苦しみ、挫折しそうな人も多数発生しています。


私も以前はレジリエンスが高くなく、逆境に直面すると大きくモチベーションを下げ、なかなか回復させることができず苦しんできた経験があるので、同じように苦しんでいる方々に、私がレジリエンスを高めるために身につけたノウハウをご提供することで、少しでもお役に立てばと考え、無料で本診断サービスをはじめました。

レジリエンス(逆境でも折れない力)を評価する際、様々な視点がありますが、本診断では「フレーミング力(逆境・ストレス要因の何に着目し、どう解釈するか?)を中心に診断します。

レジリエンスが高い人のフレーミング特色をもとに、

  1. 現状のあなたのレジリエンス力(ストレス要因や逆境で心傷ついた時、どれだけ回復力があるか?)を評価
     (LEV1~LEV4)
    • LEV1弱り気味レジリエンス(小さな逆境による心の傷でも、回復にも時間がかかる)
    • Lev2 少し弱り気味レジリエンス(通常逆境による心の傷でも、回復にも時間がかかる)
    • Lev3 一般的レジリエンス(通常逆境による心の傷なら、すぐに回復できる)
    • Lev4 強靭なレジリエンス(高負荷逆境による心の傷でも、すぐに回復できる)
  2. 現状のレジリエンスを高める上で、自分の何が問題となっているのか?を知る
    • どんな状況で、どんな着目・解釈するから折れやすいのか?
  3. 強靭なレジリエンスに高めていく為に、まず自分は何を改善していくべきか?を知る
    • IF(こんな状況に陥ったら)、THEN(その時は、○○のような着目・解釈)にすれば、折れにくい心になりレジリエンスが高まるのか

を診断レポートとしてまとめています。

レジリエンス診断レポートの見本はコチラ


診断は無料です。(診断レポートは、毎週日曜日の週1回発行予定)

レジリエンス

こちらのQRコードからもアクセスできます。
レジリエンスQR




当サイトの関連ページのご紹介

  1. レジリエンスを高めて、ビジネス力UPヒント集〜レジリエンスのポータル
  2. レジリエンスを育てる為の課題タイプ別トレーニングのポイント
  3. 今すぐ自信を持つ・自信回復の為の18のヒント|不安と向き合う
  4. メンタルタフネス|精神的ダメージ回復力を高めてコロナ禍に打ち克つ
  5. 自分を受け入れ、自信をつける
  6. 成功体験を支援することで、自信回復のキッカケを作る! SCRコーチング
  7. 自分の性格を活かし仕事の悩み解決するノウハウ集
  8. いつも積極的なココロで過ごす為の10のハック