本文へスキップ

レジリエンス|レジリエンストレーニング研修は

TEL. 092-585-7111

〒816-0941 福岡県大野城市東大利2-5-1-203

レジリエンス|レジリエンスを鍛えるヒント集!

レジリエンス|レジリエンスとは何か?

レジリエンスとは

レジリエンス(Resilience)とは、
「モチベーション回復力=逆境でも折れない力」
のこと。

心理学用語としては「精神的回復力」「復元力」「心の弾力性」と訳されます。
つまりレジリエンスとは「ストレス要因や逆境で心が傷つきモチベーションが下がった時、どれだけ短時間でモチベーション回復する力があるか?」と考えるとわかりやすいでしょう。。

弊社では、「逆境克服力」「モチベーション回復力」という意味合いで使用しています。

逆境とは、私達の心を傷つけモチベーションを下げるような「躓き」のことです。


私達のビジネスライフは、躓きの連続です。

・1週間後までに売上が300万不足。また売上目標未達になる
・売上構成の40%顧客がクレームで、取引打ち切りを言ってきた。
・このままでは、給料アップどころか、ダウンになってしまう。
・周囲の人が、あなたを無能呼ばわりしている陰口を聞いた。
・同期のあいつと比べると、明らかに差がついてしまって恥ずかしい。
・大切に思って育てた部下が、退職届を提出してきた。
・モンスターカスタマーが、一日中激しく理不尽な罵倒してきた。
・何度やっても、同じ仕事で失敗してしまう
・大ヒット商品の仕入れ先から、来期から取引しないと通告された。
・納期まで1カ月だか、3週間ほぼ徹夜で頑張っているが、まだ20%しか完成していない。
・頼りにしていたあの人が事故で亡くなった。

「辛い事の連続だから、私達は給料を貰っているというんだ」という人もいるくらいです。

そう考えると、逆境に直面した際の心の回復力は、ある意味
「ビジネスの世界で生きていくためには不可欠な力」といっても過言ではないでしょう。

レジリエンスを高めて、ビジネス力UPヒント集

レジリエンスとビジネスの関係


  1. レジリエンスが弱い社員は、離職しやすい~逆境で心が折れやすい
  2. 自信とレジリエンスの関係~逆境でもぶれない自信を育てる
  3. メンタルタフネス|精神的ダメージ回復力を高めてコロナ禍に打ち克つ
  4. レジリエンスと生産性の関係
  5. 仕事を楽しみたいのなら、高いレジリエンスを身につけよう
  6. コロナウィルスという逆境に負けないために




リーダーシップとレジリエンス

  1. 優秀なリーダーになりたければ、レジリエンスを高めよう!

  2. リーダーのレジリエンスが、職場の離職率を左右する
  3. レジリエンスが弱いリーダーは、なぜリスクマネジメントが下手なのか?




レジリエンスに関する基礎知識

  1. レジリエンスとは?
  2. メンタルタフネス|精神的ダメージ回復力を高めてコロナ禍に打ち克つ
  3. レジリエンスとモチベーションの関係
  4. レジリエンスを育てる為の課題タイプ別トレーニングのポイント
  5. コロナウィルスという逆境に負けないために
  6. メンタルタフネス|精神的ダメージ回復力を高めてコロナ禍に打ち克つ


(今後、更新予定)
・ 逆境で心が折れてしまうメカニズム

・自信満々でポジティブ思考だった人が、逆境で脆いほど急に心が折れてしまう理由

・ネガティブ思考でもレジリエンスが高い人の秘密

・レジリエンスを奮い立たせ、五月病を乗り越えよう


あなたのレジリエンスは強い?弱い?2つの視点でチェックしてみよう!

逆境といっても、上記のような大きな躓き(会社が倒産してしまった)等から、小さな躓き(風邪気味で身体が重い)まで大小色々とあります。

小さな躓きによるモチベーション低下は、回復させる事はそんなに難しいわけではありません。
大抵の人は、すぐに回復することができるし、すぐにいつものように仕事ができるようになる。
(ただし、小さな躓きが連続すると簡単ではなくなりますが)

しかし、躓きが大きなものになるほど、その回復は遅くなってしまいます。


どれくらいの大きさの躓き、逆境に対応できるか?は、各人が保有しているレジリエンスによって異なります

低いレジリエンスしか持たない人は、小さな躓き、逆境に直面するだけで心が折れてしまいます。
例えば、仕事で小さな失敗をしただけで、「自分はダメだ。自分は向いてないんじゃないか?」等と落ち込んでしまい、なかなか立ち直ることができなかったりします。


一方、高いレジリエンスを持っている人は、大きな躓き、逆境に直面しても、少し落ち込んだだけですぐにモチベーションを回復し、克服しようと立ち上がり、今まで以上に力強く動くようになる。
例えば、働いていた会社が倒産しても、「クヨクヨしても仕方がない。こんな時こそいつも以上に明るく元気に行動していかないと!」と自分を鼓舞し、すぐに逆境克服に向け動き出します。


レジリエンスの強弱は

  • ① 耐久性
    どの程度の大きさの逆境まで対応できるか?(どの程度のダメージまで耐えられるか)
  • ② スピード
    逆境にあった時、どれくらいのスピードでモチベーション回復できるか?
    (例…分単位かOR月単位か等)

の2つの視点で、考えるといいでしょう。

あなたのレジリエンスは強いほうでしょうか?弱いほうでしょうか?
自分自身のレジリエンスをもっと高めたいと考える方は、以下の診断をされることをおすすめします。

今のあなたのレジリエンスを診断

小さな逆境であれば、低いレジリエンスしか持たない人でも大丈夫。乗り越えることができます。
しかし大きな逆境を乗り切るには、強靭なレジリエンスが必要になるのですが、対応するだけのレジリエンスがなく、苦しみ、挫折しそうな人も多数発生しています。


私も以前はレジリエンスが高くなく、逆境に直面すると大きくモチベーションを下げ、なかなか回復させることができず苦しんできた経験があるので、同じように苦しんでいる方々に、私がレジリエンスを高めるために身につけたノウハウをご提供することで、少しでもお役に立てばと考え、無料で本診断サービスをはじめました。

レジリエンス(逆境でも折れない力)を評価する際、様々な視点がありますが、本診断では「フレーミング力(逆境・ストレス要因の何に着目し、どう解釈するか?)を中心に診断します。

レジリエンスが高い人のフレーミング特色をもとに、

  1. 現状のあなたのレジリエンス力(ストレス要因や逆境で心傷ついた時、どれだけ回復力があるか?)を評価
     (LEV1~LEV4)
    • LEV1弱り気味レジリエンス(小さな逆境による心の傷でも、回復にも時間がかかる)
    • Lev2 少し弱り気味レジリエンス(通常逆境による心の傷でも、回復にも時間がかかる)
    • Lev3 一般的レジリエンス(通常逆境による心の傷なら、すぐに回復できる)
    • Lev4 強靭なレジリエンス(高負荷逆境による心の傷でも、すぐに回復できる)
  2. 現状のレジリエンスを高める上で、自分の何が問題となっているのか?を知る
    • どんな状況で、どんな着目・解釈するから折れやすいのか?
  3. 強靭なレジリエンスに高めていく為に、まず自分は何を改善していくべきか?を知る
    • IF(こんな状況に陥ったら)、THEN(その時は、○○のような着目・解釈)にすれば、折れにくい心になりレジリエンスが高まるのか

を診断レポートとしてまとめています。

レジリエンス診断レポートの見本はコチラ


診断は無料です。(診断レポートは、毎週日曜日の週1回発行予定)

レジリエンス

こちらのQRコードからもアクセスできます。
レジリエンスQR






レジリエンスを高めるには?~レジリエンスを高めるトレーニング~


レジリエンスは先天的なものですが、トレーニングで高めることができます。
弊社では、
逆境(仕事での四苦八苦)で躓きダメージを受けても、
すぐに気分転換し、立ち上がることができる!
「逆境での上手な転び方(受け身)のコツ」だけに焦点を当てた
8シークエンスから構成された思考・行動をプログラム化したPRMを開発。
これをオープンにしています。
更に、これを身につけて頂きレジリエンス=逆境克服力をレベルアップさせる、PRM研修を実施しています。

自身のレジリエンスを高めたい方、属されているメンバー一人一人のレジリエンスを高めたい企業様は一度、PRM研修を検討されてはいかがでしょうか?

逆境でも折れないレジリエンスにUP! PRM研修ダイジェスト版の紹介動画(1分24秒) 




PRM研修 ダイジェスト版(全8回)の全てを見たい方はコチラから




WEBミニ研修の全てを見たい方はコチラから


<PRMとは>
PRM⇒Program of Resilience Mindset&skill の略。
仕事に艱難辛苦(面倒くさい事、退屈な事、失敗、目標未達、批判・叱責、モンスターカスタマー、大恥をかく、能力の壁、等々の逆境)は付き物。多くのビジネスマンは、これら逆境で四苦八苦しているうちに、目標到達・やりたい事を諦めてしまいます。

そんな逆境を克服する力=Resilience(レジリエンス)を向上させることを目的に
・ 簡単 (たった8つのシークエンス)
・ 実践的 (躓いた瞬間、すぐにやれる)
・ 即効性 (躓きのダメージを最小限に抑え、すぐに回復できる)
をコンセプトに

逆境(仕事での艱難辛苦)で躓いても
気分を転換し、すぐ立ち上がることができるようになる!
そんな逆境での上手な転び方(受け身)だけに焦点を当てた、
心構え・思考・行動のプログラム。それがPRMです。


PRMの詳細はコチラにて





レジリエンス研修に興味を持たれた方へ。まずはお気軽にご相談ください。


まずはお気軽にご相談ください。もちろん、相談料は無料。

ご相談頂いた内容をもとに、研修カリキュラムを作成しご提案させて頂きます。

レジリエンス トレーニング 問合せ

問合せに関する方針




  • 戦略的レジリエンストレーニング 負けない心を育むタイプ別ポイント
  • はてなブックマークに追加