本文へスキップ

レジリエンス トレーニング|逆境でも挫折しない心を育てる PRM研修

TEL. 092-585-7111

〒816-0941 福岡県大野城市東大利2-5-1-203

レジリエンス 逆境で負けない心をトレーニング

レジリエンス トレーニング〜 逆境でも挫折しない!折れない心を育てる NEWS&FAQ


PRM研修のR。レジリエンス(Resilience)とは「回復力=逆境でも折れない心」のこと。
心理学用語としては「精神的回復力」「復元力」「心の弾力性」と訳されます。

人生も仕事を四苦八苦の連続です。大なり小なり「失敗、悪い業績、他者からの厳しい批判、能力の限界等々」の逆境に出会います。
  • 頑張ったが目標未達。大失敗。酷い成果だった。
  • 必死に努力したのに、上司は認めるどころか、厳しい叱責をする。
  • くだらなく、退屈な仕事を行う毎日。
  • 上司や顧客等から屈辱的な言葉受けた。
  • 仲間等の大切な人の前で恥をかかされた。
  • 会社は自分より無能な奴を評価して、出世競争で先を越された。
  • 取り返しのつかない重大なミスを犯した
  • 何度も何度も顧客から断られた。何度やってもうまくいかない。
順風満帆な時は、明るく良い気分でモチベーション高く仕事ができていたのに…
これらの逆境になると、暗く憂鬱な気分に陥り、モチベーションも低下してしまう。
結果自信も喪失してしまい、生産性も一気に低下して、最悪は離職にまで発展てしまう。

特に、最近の新入社員、若手社員にはこの傾向の人が多いようです。


一方、常に高業績の優れたビジネスマン達はどうか?

同じような逆境に陥り躓いても
「立ち直りが早く、気持ちを切り換え、すぐに前向きな行動がとれる」
だから、彼らは常に高い生産性を維持できるのです。
彼らは高いレジリエンス(逆境でも折れない心)を持っているのです。

残念ながら、生まれながらレジリエンスが高い人材は希。
ただ今はレジリエンスが低くてもネガティブになる必要はありません。

レジリエンスは、逆境における対応のコツを知り、トレーニングで高めていくことは可能だからです。
PRM研修では、レジリエンスを高めるマインドセット&スキルが身につくトレーニングを通して、
受講者には
  • 逆境に直面し暗く憂鬱な気分になっても、すぐに明るく良い気分に転換できるようになり(すぐに立ち直れるようになり)
  • すぐに気分転換できる為に、逆境や失敗することを必要以上に恐れなくなり
  • 逆境や失敗が怖くない為に、自信を持って、チャレンジングな日々が過ごせるようになる。
を実現し、組織には
  • 離職率の向上
  • 目標達成率の向上
  • 生産性のアップ
  • 明るくチャレンジングで、常にモチベーションが高い組織風土作り
を実現していきます。

レジリエンス トレーニング PRM研修と一般的なメンタルヘルス研修との違い

レジリエンスを高めていく為のノウハウは沢山あるのですが、
PRM研修は、最も効率的にレジリエンスを高めて頂く為に
逆境に直面しても心理的ダメージを最小に抑え、すぐ立ち上がれる
上手な転び方(受け身) 
のみに焦点を当て研修プログラムを開発しています。


レジリエンス 逆境 挫折 トレーニング


レジリエンスを広義に捉えると、メンタルヘルスマネジメントノウハウも含まれます。
しかし本研修では、普通の人(自信喪失状態でない方、メンタル疾患でない方)が、研修翌日から日常的に実践で使って頂くために、あえてその部分を外したシンプルなトレーニングプログラムにしています。
@PRM研修は、逆境直面時のみに焦点を当て、その際の受け身の取り方を身につけて頂く研修としています。


Aその為、一般的なメンタルヘルス研修で行っている、逆境等で受け身を失敗して以降に焦点を当て、その対応法、メンタル疾患まで悪化しない方法{重症化の防ぎ方)といったことは、本研修では割愛させて頂いています。
(他社様の数日間かけて学ぶレジリエンス強化プログラムは、この点も学んで頂く内容になっているかと思います。)

レジリエンス トレーニング 折れない心


PRM研修と一般的メンタルヘルス研修との比較表

   PRM研修  一般的なメンタルヘルス研修
 目的
  • 逆境に直面しても心理的ダメージを最小に抑え、すぐ立ち上がれるレジリエンスを身につける。
  • 結果、逆境でも諦めずにやり抜く力を強化し、目標達成率の向上、生産性の向上、離職率の低下を目指します。
  • 逆境で蓄積した心理的ダメージへのストレスマネジメントを身につける。
  • 結果、ストレス耐性の強化、メンタルヘルスの維持、メンタル疾患のリスクを低減を目指します。
 テーマ
  • 逆境で転倒してもすぐ立ち上がれるよう、「上手な受け身の取り方」(逆境で気持ちが萎える瞬間の対応)に焦点を絞ったプログラム。
  • →逆境による心理的ダメージを小さくする、心が折れる前の予防薬としての役割を担います。
  • 受け身失敗後の対応(ストレスマネジメント等の応急法、重症化しない為の対応法)が中心の総合プログラム。
  • →逆境により、大きな心理的ダメージが蓄積された後の治療薬としての役割を担います。



ネガティブ思考な人でも、レジリエンス (折れない心)が高いのはナゼ?

私達は大きな失敗等の事実(逆境)に直面すると、自分の能力のなさ、会社のバックアップのなさ等のネガティブなことにばかり着目したり考えたりするようになる。そして怒りや悲しみ、今後への不安等の等の感情が湧き起こり、それが定着化して暗く憂鬱な気分が続くことになる。

暗く憂鬱な気分の時、私達は普段ならすぐに立ち直れるような小さな逆境にも過敏にショックを受けるようになり、気分が更に落ち込むことになる。
暗い気分から抜け出すことができずにこの悪循環が繰り返し続くと、「自分は何をやってもダメなんだ」という無力感に襲われ、心が折れてしまうということになる。

これが心が折れるメカニズムなのです。





これが分かると、レジリエンスを高める方策が見えてきます。
イヤな出来事(失敗や不快に感じる出来事等)に直面した後に起こるこの循環を、出来る限り早く断ち切る力をつければよいのです。


その為に弊社が着目したのんは、ネガティブ思考の人達の中にいるレジリエンス力が高い人達の行動パターン。
通常ネガティブ思考の人は、逆境に直面すると、必要以上に悪い方向に考えます。そのため普通以上にネガティブ感情に陥りやすく、暗く憂鬱な気分になりやすい。
それなのにナゼ、彼らは逆境でも希望を失わないのか?

調査の結果は、
彼らは「ネガティブな感情に陥っても、気分だけはすぐに明るく良い気分に転換するマインド&スキル」
を保有しているから。
だから、ネガティブ思考でも強いレジリエンスを発揮できている。


PRM研修は、そんな彼らの逆境に直面した際の気分転換法を、「逆境に陥った時の転び方 6+2シークエンス」として体系化しました。


レジリエンス トレーニング=PRM研修 5つの特徴

実践的・シンプル・すぐに使え・一日で学べる!レジリエンストレーニングプログラム

レジリエンスが必要になるのは突然訪れる逆境時です。素晴らしい考え方や技術でも、複雑なものでは、使えず成果は出ません。
また高いレジリエンスの定着は、研修時に学べば完了ではなく、研修後の反復継続が欠かせません。
そこで弊社はレジリエンスを高める為に必要なスキルとマインドを、「効果が高く・実践的・シンプル・すぐ使える・短時間・定着化」のコンセプトで学べるよう開発したプログラムがPRM(Program of Resilience Mindset&skill)です。
  1. . PRM研修は、逆境で心が折れそうになった瞬間の対応策(上手な受け身の取り方)だけに絞った研修です。(効果が高く・実践的)
    • レジリエンスに関する沢山のノウハウや考え方、スキルを学んで頂くのではなく、仕事の現場ですぐに使え、効果が高い実践的なスキルやマインドセットを中心に、掘り下げて学んで頂きます。
  2. 突然の逆境でも忘れずに使えるように、習得頂くことはシンプルな「逆境に陥った時の転び方 6+2シークエンス 」と、逆境時に明るく良い気分に転換する為の「リフレーミング11の視点」のみ。 記憶するのも簡単です。(シンプル)
    • レジリエンス向上のノウハウは沢山ありますが、即効性があり、実践が簡単なものに絞っています。
  3. 逆境に直面したと感じた瞬間に、研修で学んだ事をすぐに使えるツールにして提供します。(すぐ使える)
  4. 他社にもレジリエンスを向上させる研修はありますが、本研修では「逆境や失敗時の受け身の取り方」だけに絞って学んで頂くので、1日の研修を受けるだけで基本〜実践での使いか迄をがマスターできます。
    (短時間で学べる)
    • 座学で学ぶだけでなく、グループ、個人での演習を多数用意。自分で考え体験し、討議することで、「私だけの受け身の取り方」を会得して頂きます。
  5. 研修だけで学んだだけで終わらせるのではなく、逆境に直面した際、カチッサーと無意識に頭と身体が動くよう定着化するまでの研修後フォローの仕組み作りも行っていきます。(定着化支援)

レジリエンス トレーニング PRM研修の1日研修プログラム 例

目的と内容 時間
9:00 オリエンテーション 目的:本日の研修の目的・一日のプログラムを紹介することで、一日で何を学ぶか理解頂く。 10
9:10 フェーズ1
逆境で心が折れるメカニズム
目的:逆境で心が折れていく心のメカニズムと、レジリエンスを高めるには何が必要か?を理解頂く。
主な内容
演習:あなたの仕事における逆境(四苦八苦)を考える。
@逆境で心が折れていくメカニズム。ネガティブサイクルを断ち切る鍵は?
APRM=逆境に陥った時の転び方 6+2シークエンスとは?
50
10:00 フェーズ2
逆境での上手な転び方 基礎編
目的:PRMの中で、ネガティブな出来事や逆境に出くわした際、仕事中にも行える気分転換する為の基礎となる方法を講義・演習を通して学ぶ。また気分転換行動開始のトリガー(引き金)となるツール作りを行って頂く。
主な内容
@どんな逆境でも高いレジリエンスを発揮する為に…「明るく良い気分でい続ける」決意をしよう!
Aそれでも気分転換できないなら…第2ステップ 明るく良い気分をイメージする。
B それでもダメなら…第3ステップ 瞑想で心を鎮める、
Cそれでもダメなら…第4ステップ ネガティブ思考、暗く憂鬱な感情・気分を受け入れる、
150
12:30 昼食
13:30 フェーズ3
リフレーミングして
異なるストーリーを語ろう
目的:ホントはポジティブな事実が沢山あっても、逆境で追い詰められているとそれが見えなくなってしまう。ここではポジティブに転換する為の視点・考え方の引き出しを増やす事で、逆境から抜け出すレジリエンスを身につけて頂く。
主な内容
@ それでもダメなら…第5ステップ 着目と思考をリフレーミングして、違うストーリーを語ろう、
・レジリエンスが共通して持っている「流動思考」でリフレーミング、
・逆境の中にも存在する大半のポジティブ、自分の素晴らしい「リソース」にリフレーミング、
・逆境に感謝・歓喜することでリフレーミング、
・未来に不安を感じる時はポジティブビジョンにリフレーミング、
・ 逆境で実現する成長・逆境で学習でくる点にリフレーミング
・自分を褒める・賞賛することにリフレーミング、
・逆境をお笑い化することにリフレーミング、
・逆境でも誰かに愛されていること、助けてくれる人がいることにリフレーミング
・逆境を楽しむことにリフレーミング、
・ 絶対に負けてたまるか!という自分の闘争心にリフレーミング、
Aリフレーミングする為のトリガーとなる「口癖」を作る、
150
16:00 フェーズ4
その他の6+2ステッを学ぶ
目的: 仕事中に上記の行動で気分転換ができない時どうすればよいか?をOFFタイムを使った気分転換法・レジリエンス強化法を学んで頂く。
主な内容
@ それでもダメなら…第6ステップ まず10分行動に集中してみよう。KEEP BUSYで気分転換。
A それでもダメな時の為に…オフタイムを使ってMy favorite 気分転換行動を行う。明るく良い気分を伝染してくれる人に会いに行く。
演習:My favorite 気分転換行動リストをトリガーとして準備する。
演習:明るく良い気分にしてくれる人リストをトリガーとして準備する。
25
16:25 フェーズ5
無意識反応できる力に
レジリエンスを昇華する
目的:学んだだけでは意味がない。カチッ・サー反応(自動反応)ができるようになる為に、研修後の習慣化について学んで頂く。
@ 研修後に目指して貰いたい姿(どのような習慣をつけて欲しいか?)
演習:朝の決意文の作成
A思いだす重要性と仕組み作り :QUIZLETの活用
B実行・反省・シェアの仕組みを作ろう
C宿題の確認
25
16:50 研修のまとめ 10
17:00 研修終了


研修要項


時間及び研修形式

複数の時間パターンの研修ををご用意しています。
お客様のご要望にあわせた形で、研修カリキュラムを作成させて頂きます。(新入社員用の研修もございます。)
また研修で手法を学んで頂くだけでなく、研修したスキルの定着化を図る為のフォロー研修もございます。

研修形式は、講義だけでなく、セルフワーク、ペアワーク、グループワーク、グループディスカッション等を使いながら、自ら考え、議論しながら学んで頂く研修スタイルです。



カリキュラムと研修までのフロー

いきなり導入を決定しないで下さい。
カリキュラムは、御社の課題、研修可能時間等をメールもしくはお電話でヒアリングさせて頂きながら設計させて頂きます。
研修までのスケジュールは以下のフローで進めて参ります。


レジリエンス トレーニングまでのフロー図">
まずは、お気軽に御相談メールを頂ければ、ご対応させて頂きます。御相談は無料です。
お気軽に御相談ください。

トレーニングに興味を持たれた方へ。まずはお気軽にご相談ください。


まずはお気軽にご相談ください。もちろん、相談料は無料。

ご相談頂いた内容をもとに、研修カリキュラムを作成しご提案させて頂きます。

レジリエンス トレーニング 問合せ

問合せに関する方針




当サイトの関連ページのご紹介

  1. 戦略的レジリエンストレーニング| 逆境に負けない心を鍛えるタイプ別ポイント
  2. 今すぐ自信を持つ・自信回復の為の18のヒント|不安と向き合う
  3. 自分を受け入れ、自信をつける
  4. 成功体験を支援することで、自信回復のキッカケを作る! SCRコーチング
  5. 自分の性格を活かし仕事の悩み解決するノウハウ集
  6. いつも積極的なココロで過ごす為の10のハック

  • 逆境で自信を失わない レジリエンスを育てる|PRM研修
  • はてなブックマークに追加